ルナメアACでニキビ跡対策はできる?

ルナメアACでニキビ跡対策はできる?

ルナメアAC,ニキビ跡

 

ニキビができた!と思ったら それが茶色く跡になってしまうことがありますね。

 

また、ニキビで炎症を起こしてしまい お肌がクレーターのような凸凹状になることもあります。

 

このような状態はニキビ跡と呼ばれていますが、ルナメアでのケアも有効でしょうか?

 

 

ニキビ跡も 大きく分けて3つの種類があります。

 

一つは ニキビによる炎症で細胞が傷つき お肌が凸凹状になる状態。

 

このタイプのニキビ跡は、今できているニキビのケアとは違い、お肌の代謝を活性化させて 新しいお肌に生まれ変わるのをサポートするケアが重要になってきます。

 

具体的なケア方法としては飲み薬や塗り薬を使ったり、お肌のピーリングなどを使って 肌代謝を高める方法があります。

 

また、皮膚科クリニックではレーザー治療なども行われています。

 

クリニックによっては ニキビ跡の大きさや状態によって 使用するレーザー機器を使い分けていることもあります。

 

お医者様にかかる場合は、どのような治療法なのか、費用はいくらくらいなのかをよく確認するようにしましょう。

 

 

そしてもう一つが 赤く残るニキビ跡。

 

これは ニキビによる炎症で 血液が毛穴の周囲にたまり、残ってしまう状態です。

 

ビタミンC入りの美容液などを活用して お肌の代謝をサポートしてゆくケアをしてゆきましょう。

 

 

茶色いニキビ跡は美白クリームでのケアも

 

ルナメアAC,ニキビ跡

 

そして ニキビ跡でもう一つあるのが 茶色くシミのように残るニキビ跡。

 

この茶色に残るニキビ跡は 炎症でメラニン色素ができてしまったものです。

 

メラニン色素とは 紫外線の影響でできる シミのもととなる色素です。

 

ですので、美白クリームをつけることでケアができます。

 

この時注意したいのは 有効美白成分入りのクリームを使うこと、そして つけてみて刺激になるようなことがあれば すぐに中止をすることです。

 

というのも、美白成分には とても作用が強いものがあるため。

 

合わない美白成分を使い続けることで お肌にトラブルとなることもありますので 注意しましょう。

 

 

ニキビを作らない、悪化させないことが重要

 

このように ニキビ跡のケアは 一定の時間をかけて 根気強く続けることが重要です。

 

そして、新たなニキビをつくらないようにする、ニキビを悪化させないケアをすることもさらに重要です。

 

ニキビができると気になるものですが、触ったりつぶしてしまったりすることがないように気を付けましょう。

 

そして普段から ルナメアを上手に活用したケアをしてゆきましょう。

 

ルナメアは いまできているニキビのケアや予防、そしてお肌の代謝に欠かせない保湿を補うために使うのがポイントです。